ログイン
  • 製造業金属加工業

    金属加工管理

加工報告書等の日報は手書きで運用。本部システム連携には、二度手間入力せざるを得ない…

加工報告書などの日報は手書きで運用しており、本部の在庫管理システムには事務所で手入力しなければならず二度手間…

入力ミスや本部システムとの同期にはタイムラグもあるので、日報管理をシステム化したいけれど…
作業工程が独特で、ITに馴染みのない社員も少なくない製造現場では、機能が多いパッケージソフトはなかなか使いこなせない…

本部システムとの連携を考えてもオーダーメイドシステムにならざるを得ないが、
高額な開発費用(数百万円~1千万円以上)がかかってしまう。正直、製造現場のシステム化の必要性は感じながらも打つ手がない状態…

等といった悩みはありませんか?

プロマネなら、データ反映のタイムラグゼロ!現場タブレットと在庫管理システムとの直接連携が可能に

安価な費用で手書きの各種日報をタブレット化。ペーパーレス。入力ミスゼロに。
 
また本部システムとの即時連携も可能。
例えば、本部の在庫管理システムとの照合によるエラーチェック等で業務を効率化できます。

御社の要望をヒヤリングし忠実にシステムに反映致します。現場に合わせた最小限な機能かつシンプルな入力操作でご使用可能です。

プロマネ導入で業務効率化が期待できます!
例えば、導入後の業務効率化「45h/月」
導入時の業務効率化は「30h/月」でも、現場の声をヒヤリングし使い勝手などの改善を行いシステムを最適化させて頂きます。(システム修正の費用は無料です。)

加工管理のこんな場面に活用出来ます

特に加工業の工程管理業務にご使用頂けます。
例えば金属加工業や食品加工業の、材料・部材の在庫や使用状況を工程毎に管理したい業種にぴったりです。

面白い活用事例:マーキングのエラーチェック。
製品仕上りのチェックの際に、タブレットのカメラ機能でマーキングを撮影。
在庫管理システムとの連携により、画面下部には正しいマーキング情報を表示・照合させて、納品ミスを低減しました。

センサ活用して更に入力自動化・収集データ分析も

センサ活用して入力自動化・収集データ分析で更に業務効率化が可能です。

センサ活用の例

センサを使った生産個数や作業時間の測定の自動化により、タブレット入力を無くして更に省力化することも可能です。

データ活用の例

データ分析による工程能力(単位時間あたりの生産数や不良数)の把握と
生産実績の見える化(製造現場設置のディスプレイによる生産実績の表示)など
更にAIによる納品予定時期や材料仕入れタイミングなどの自動判定し自動発注・連絡することも可能です。

ご利用までの流れ

お問い合わせ頂いた後、デモシステムを制作して打合せさせて頂き、改善要望ヒヤリング~システム反映を繰り返しながら、本格的にご利用をスタートとなります。
詳しくは「導入の流れ」を参照下さい。

導入頂いたお客様の声

実運用で上がってきた製造現場からのカイゼン要望を無料でシステムに反映してくれるのが嬉しい。
オーダメイドシステムなのに導入コストが圧倒的に安く、現場に最適化されたシステムに日々改善されるのが嬉しい。
製造現場のスタッフが使い易い、簡単に使えるシステムが一番。
web使用料として月額支払いなので、実質節税に繋がる点も助かってます。

プロマネ担当者より

導入頂いたお客様の一例では、導入半年で数十件のカイゼン要望が上がりましたが、内容を精査の上、全てをシステムに反映しました。
現場ではかなり使い易いシステムになった高評価を頂いております。
 
お客さんのシステム担当者様と二人三脚で取り組み、「タイムリーな連絡や対応が嬉しかった」との有難い声も頂きました。
 
無線LANの設置やルーターの設置位置、タブレットの選定など、初期設定を含めて丁寧にサポートさせて頂いています。

「人に寄り添うITモノづくり」がモットーです。徹底的にシステムを使って頂く人に寄り添ってつくる事を目指しています。
ボタン一つにしても押し易い大きさ・カタチ・表示方法・色などをお客さんの声をもとに各現場の最適なシステムを追求します。

IT導入補助金で導入いただけます!

プロマネはIT導入補助金対象です。

日経産業新聞の1面に掲載されました!


日経産業新聞 一面で、町工場に「ゆるIoT」。町工場のIoTは「安い、簡単、できる範囲で」として掲載・紹介されました。
日経電子版での紹介記事はこちら

大阪トップランナー育成事業に認定されました!


新たな需要の創出が期待できる製品・サービスに対して大阪市が認定を行う事業『大阪トップランナー育成事業』で「プロマネ」を認定いただきました。
 

お問い合わせはこちらから。お気軽にお問い合わせ下さい。

貴社名 (必須)

 
ご担当者名 (必須)

 
メールアドレス (必須)

 
お電話番号 (必須)

 
お問い合わせ区分

 
お問い合わせ内容 (必須)