ログイン
  • 製造業・加工業

    作業日報管理

製造現場の作業日報を基幹システムに毎日手入力。
システム化したいが高額な開発費がかかると諦めている経営者様へ

 30人~100人規模の町工場では、現場で手書きされた作業日報を事務所でシステムに入力して、工程管理や原価管理などに利用するのが一般的ですが、入力にかかる手間や誤入力、結果が反映されるまでのタイムラグなどさまざまな問題があり、現場と事務所、現場と本社をリアルタイムにつなぐシステムの導入を検討された方も多いのではないでしょうか。

町工場の現場がIT化できない理由とは

 しかし、作業日報をシステム化したくても、製造や加工の現場は企業によってさまざま。市販のパッケージなどでは対応できないため、オーダーメイドでの開発にならざるを得ず、開発費用も高額になってしまいます。加えて現場の作業方法は日々変化していくので、その都度、システムを修正・変更してく必要があり、その都度費用が発生することを考えると、なかなかシステム化に踏み出すことが出来ないのが現状です。

「Pro-Manager(プロマネ)」なら、手書きの作業日報をタブレット入力にシステム化、基幹システムとのリアルタイムの連携が可能に!

 各作業ごとに手書きしていた作業日報をタブレット入力にシステム化し、基幹システムと連携する事で製造現場の情報をリアルタイムに基幹システムに反映します。
 
 1日10~20枚の作業日報の場合、入力にかかる時間を1枚15分としても1日約2時間から3時間。
1ヶ月では約50時間から100時間。8時間労働で一週間から二週間分がこの入力作業に割かれてる計算になります。

 「Pro-Manager(プロマネ)」と基幹システムの連動によって、現場がペーパーレスで動き出し、本社や事務所でのこの入力業務もなくすことが可能になります。

作業日報の入力チェックを自動化

各工程毎で使用した部材の種類や量もリアルタイムに基幹システムと連携することで、在庫量や前工程を超える異常な値が入力されるのを未然に防ぐことが可能です。

システム連携もスムーズに導入できます

システム連携は、基幹システムの導入システム会社様と弊社が直接打合せする事で、特にお客様の手を煩わせる事なくスムーズに導入して頂けます。

<基幹システムとの連携例>

 作業カイゼンの議論や取り組みが多くできるようになります。
今まで時間をかけていた入力作業がなくなり、その時間を人にしかできない創造的な業務やカイゼン活動に当てることができるようになります。
作業内容の現状をリアルタイムで見える化⇒現状を見ながらどういう手を打って行くのか?
カイゼン活動がスムーズに走り出します。

製造業全般でご利用いただけます。

 製造業、加工業全般でご利用いただけます。また、化学プラントや電気設備などの整備・保全・メンテナンス業務をされている企業様でも使いやすいシステムです。

基幹システムや原価管理システムなどの既存システムとの連携を想定していますが、作業日報をデータとして蓄積、活用することを目的としてご利用いただくことももちろん可能です。

システム拡張でさらに改善

【生産計画に対する実績をリアルタイムに大型ディスプレイに表示】

  • 計画の生産数に対して、実績がどの程度進捗しているか(進んでる?遅れている?)が分かるだけで現場の雰囲気が変わります。
  • 週次や月次のミーティングなどで、実績として管理者から進捗を発表されるのではなく、リアルタイムの製造実績が現場で分かるだけで現場のカイゼン活動が進みます。

【AIで未来予測! 過去の蓄積データから納期予測や最適な仕入れ管理も】

  • 例えば、過去の製造実績と現状の製造負荷よりAIで納期予測をする事も可能で、お客様から注文が入った時に正確で無理のない納期を答える事が出来ます。
  • 材料や部品の仕入れタイミングや適切な量を自動判定できるので、キャッシュフローを最適化したり、在庫を最小にする事が可能です。

ご利用までの流れ

お問い合わせ頂いた後、デモシステムを制作して打合せさせて頂き、改善要望ヒヤリング~システム反映を繰り返しながら、本格的にご利用をスタートとなります。
詳しくは「導入の流れ」を参照下さい。

導入頂いたお客様の声

あきらめていた現場の電子化が安価に実現

基幹システムは既にあるものの、現場の作業日報の電子化についてはどう進めるべきが正直迷っていました。

独自の仕事の進め方をしている為に、パッケージソフトだと現場に合わない。一方でシステムに合わせて仕事の進め方を変えることは現場の抵抗も大きく、なかなか進められない状態にありました。

基幹システムを開発したシステム開発会社にオーダーメイドシステムの見積りをしたところ、非常に高額な費用であるため、作業日報の電子化については半ば諦めていましたが、オーダーメイドのシステムが少額の初期費と月額で利用できて、しかも既存のシステムとの連携ができるのは正直ビックリしました。

現場に合わせて日々進化するシステム

導入後も日々の運用で出てくる細かい現場の要望も、一つ一つ丁寧にシステムに無料で反映してくれるので、製造現場も日々進化するシステムを楽しみながら運用しています。

ペーパーレスで来客にも高評価

またシステム導入の副産物として、顧客が来社いただいた時、現場の紙がなくて整理されているのに加え、現場の作業員がタブレットを使いこなす姿に高評価をいただきました。

現場のIT化が人材の採用にも好影響

採用の会社説明でも、製造現場のシステム化が徹底されていることに対して、社員の働き方にケアしている会社として高い評価を受け、人手不足のこのご時世にたくさんの応募をいただきました。

プロマネ担当者より

無線LANの設置やルーターの設置位置、タブレットの選定など、初期設定を含めて丁寧にサポートさせて頂いています。

「人に寄り添うITモノづくり」がモットーです。徹底的にシステムを使っていただく人に寄り添ってつくる事を目指しています。
ボタン一つにしても押し易い大きさ・カタチ・表示方法・色などをお客さんの声をもとに各現場の最適なシステムを追求します。

IT導入補助金で導入いただけます!

プロマネはIT導入補助金対象です。

日経産業新聞の1面に掲載されました!


日経産業新聞 一面で、町工場に「ゆるIoT」。町工場のIoTは「安い、簡単、できる範囲で」として掲載・紹介されました。
日経電子版での紹介記事はこちら

大阪トップランナー育成事業に認定されました!


新たな需要の創出が期待できる製品・サービスに対して大阪市が認定を行う事業『大阪トップランナー育成事業』で「プロマネ」を認定いただきました。
 

お問い合わせはこちらから。お気軽にお問い合わせ下さい。

貴社名 (必須)

 
ご担当者名 (必須)

 
メールアドレス (必須)

 
お電話番号 (必須)

 
お問い合わせ区分

 
お問い合わせ内容 (必須)