資料ダウンロード

株式会社東亜鍛工所様/作業日報システムによる事務作業の簡略化

 2019.8.20 導入事例

株式会社東亜鍛工所様 概要

鍛造品、金属構造部品の製造メーカー

鍛造技術にこだわり続けて74年、確かな経験と知恵を積み重ねて来られた製造メーカー様です。戦後の混乱期には、生活必需品の斧、鍋釜などの生産。産業復興期には鉄道部品、機械部品。現在では強度を要する自動車や産業機械の部品を製造されています。時代が変り顧客や社会のニーズが変わっても常に本物の技術を求め、挑戦されている姿は言葉で表現尽くせない凄さがあります。

 

 

 

 

 

手書きで紙に記入。読めないと現場に直接確認に。

現場ではドライブギャー旋削という作業の日報を手書きで記入し、それを事務の方がエクセルへ打ち込んでいましたが、不明確の記入を直接現場に確認に伺っており、時間のロスが発生してました。

また、現場から集めた紙を事務の方がExcelに記入の際も、打ち間違いが発生するなど多くの人を介すことでのミスがありました。

 

 

 

タブレットへの直接入力

タブレットを導入したことにより、

1.紙帳票の内容をエクセルに打ち込む作業時間の効率化
2.製造現場でのデータをリアルタイムに収集が可能
3.記入方法が簡単

紙帳票に1時間ほどかけていた時間が5分~10分に短縮できた上、打ち間違い等がないため事務の方も作業を改善することが出来ました。

また、今までは電卓等で自ら計算していたものも自動で計算してくれるため、記入以外にも業務が簡略化されました。

導入のきっかけは前川製作所様の導入をご覧になって

社長の渡部様がベアリングメーカーである前川製作所様を訪問した際にプロマネに出会ったのがきっかけです。

前川製作所様ホームページ

前川製作所様の導入事例はこちら

今までは誰が、誰が、どの機械を使って、何時から何時まで、どの商品を何個作ったか?また、何個不良があったのか?のような作業記録の情報を前川製作所様と同様に紙で記入していました。ですが、前川製作所様はそれをタブレットに代えて、効率的なデータ取集とその後のデータ分析に利用されていました。
しかも詳しく話を聞くと、会社毎、製造現場に合わせて作ってくれるオリジナルシステムが少額の月額から始めるとの事でしたので、「ちょっと、やってみようか?!」と導入に踏み切れました。

導入範囲を広げてより効率化へ

最初は使えるかなど不安に思っておりましたが、すぐ慣れましたし、誰でも使えました。また、すこし使いづらいところも月額内で直してくれるので満足しています。

今後は他の帳票や在庫管理などでも導入できないかと検討中です。

 

プロマネ担当者より

製造業向けのシステムということで、通常のPCで使うWebシステムとは違い、なるべくタブレットで入力しやすいようなインターフェースを意識しました。

今後もより良い、お客様視点でのレイアウトを心掛けて作成して行きたいと思います。

 

お問い合わせはこちらから。お気軽にお問い合わせ下さい。

貴社名 (必須)

 
ご担当者名 (必須)

 
メールアドレス (必須)

 
お電話番号

 
お問い合わせ区分

 
お問い合わせ内容 (必須)